結婚観と人生観

二十四歳の松本理子さんは、千葉県の実家で三つ上のお姉さんと父、母の四人で暮らしている。
紺のジャケットに膝上のスカート……、一見すると学生なのかOLなのかわからないくらいだが、会うなりてきぱきと挨拶をし、「話をするなら静かなところがいいですよね、たしかこの別館に落ち着いた店があったと思うな」と、先にたって私を先導してくれる。とても就職一年目とは思えない仕切りのよさだ。「姉は小さいころから成績が悪くて、両親は高校に入れるかどうかも心配したくらいなんです。だから、その反動で私に期待がかかっちゃって……、私もそれにまじめに応えてきたんですよ」小学校のころから、授業参観、PTAの会合などで母親が学校に来れば、先生が寄ってきて「松本さんのお母さんですか。もう本当にしっかりしたお嬢さんでいいですね」というほど彼女は成績も素行もよかったようだ。中学から受験をして、中、高一貫教育の私立の名門高に入学。そこの卒業生は百五十人中、一割が東大、三十人が早稲田、二十人が慶應、そうでなければ医学部に進学、あとは浪人……というような、超エリート校だった。ちょうどベビーブームの年で生徒数も多く、中学受験からかなり倍率もすごかった。そんな受験戦争の真っただ中で競争に勝ち進んできたつわものが集まったわけで、成績という分野では、かなり濃い人たちの集まりだったようだ。もし、出会った相性が合う人と結婚しても仲が悪くなったらここを思い出してください。

出典元:
FF029_L

学生時代の彼と結婚

「そこにいるときはわからなかったけど、今思うと〃井の中の蛙(かわず) 〃だったと思いますよ。一流志向がものすごかったんです。ほとんどの人が挫折もなく一流大学に行って、大学院に行きたがる。働きたくなんかないんです。変な会社に入って仕事をするより、〃大学院で勉強してます〃ってほうがハクがつくから……。で、そのあと結婚するんですよ、学生時代の彼と。もちろん恋愛感情はないわけじゃないけど、いいダンナと結婚して○○の妻って形になったほうが自分が輝いて見えると思ってる。女性の場合特に、東大を出たからって必ずしもいい会社に就職できるわけじゃないですよね。へんな会社に入ってバカな人と接したくはないんですよ。彼女たちにとっては、それはプライドが傷つけられることなんです」彼女も挫折がなければ、中学、高校時代の友人たちと同じように、そんな道を歩んでいたかもしれないという。初めは東大をめざしていたが、運悪くセンター試験に失敗。別の国立大のスペイン語科に入学する。「高校のとき将来のことは何も決めてなかったんです。それで、理系は嫌いだし、文学なんて自分で本読んでりやいいんだから文学部も嫌だなと思って……。じゃ、法学部で弁護士になるのもいいかな、なんて思ったんですけどね。でも、私立も希望のところは受からなかったし、特にやりたいことがあったわけじゃないから、最後に国立に引っかかったときには揺れちゃって、とりあえずお金も安いから入っとこうかって…。」四ヵ月ほどは普通に大学に通ったが、どうしても学校の雰囲気が好きになれなかったと「七割が女性だってこともあって、なんかやろうって言っても盛り上がりがないんです。女の子って統率力ないじゃないですか。おまけに男も男で女性の人数に押されて、押しが弱いんですよね。ほかの大学は新入生歓迎コンパの嵐なのに、そんなのもないし、なんか私が想像していた大学のキャンパスっていうのとは、ぜんぜん違ってた」まず相手がいないと、何もできないので、相手を探してください。

参考:結婚相談所 選び方
FF032_L

初めての挫折

結局、その大学に学籍を置きながら、もう一度受験することにして、夏休み以降学校に行かなくなった。いわゆる仮面浪人である。が、翌年、別の国立一校は受かったが、東大はダメだった。「どうするかいろいろ迷ったんですけど、国立の雰囲気ってみんなそんなもんかな……と思って、ぢて、それなら確実に語学を一つ身に付けといたほうがいいかなって、また大学に戻りました」語学は積み重ねということもあり、彼女の大学は一年ごとに進級審査がある。しかし、二年生には上がれず、留年してまた一年生をやることになった。「中途半端に元の学年の人たちを知ってるでしょう。その人たちにしてみたら、私は嫌がって自分たちの学校を出てったのに、結局行きたいところに行けなくて戻ってきたってことなわけだから、きまり悪いですよね。そういう人が数人いて、別にいじわるされたとかじやなかったんだけど、微妙な立場でした」それが彼女にとっては、初めての挫折感だったという。仕方なく最低限は学校には通ったが、スペイン語といってもとりたてて勉強したかったわけでもないし、授業に身は入らず、二年生まではアルバイトに明け暮れていた。ところが三年生の始めに、雑誌でフィリピンへの植林ツアーがあることを知る。NGO団体が毎年企画しているもので、作文審査に通れば三十日間十五万円弱でツァーに参加できるということだった。出会いはいくらでもあるけど、出会った人といつまでも仲良くいられるかはあなた次第です。

出典元:出会い系 サクラいない
FF006_L

フィリピンに

「金額的にも安いじゃないですか。時期も夏休みだったし、四年になったら就職活動で動けないだろうから、行くんなら今しかないと思ったんです。植林がどうのとか、自然環境うたがどうのなんて高らかに謡えるような人間じゃなかったんですけど、発展途上国が見たいって気持ちもあったし、観光気分じゃない旅っていうのもなかなかする機会がないですかたしかに、主義、主張関係なく、一つの旅として考えても、それは魅力あるものだったろう。けれども、彼女がツアーに参加しようと思った真の理由は、別のところにあっただろう。ようだ。「新しい出会いに飢えてたんですよね。知らない人に会いたかったんです。私が留年したこととか、そういうことをいちいち説明しなくてもいい人、○大卒とかいう形じゃなくて、私という人間のキャラクターだけで会える人に会いたかった」仮面浪人が終わり、大学に復帰してから、松本さんはだんだん高校時代の友人たちとも疎遠になっていったという。「彼女たちは希望の大学に行って、日々楽しく生活してるような話ばかりする。私もまだ、学歴とかで人を見ちゃってたから、コンプレックスじゃないけど、会うのが苦痛になってたんです」学歴で人を見れば、自分は友人たちより劣った人間ということになる。けれど、彼女は私はダメなんだというような落ち込み方はしなかった。毎日悶々(もんもん) としながら、自分の価値を、自分の自信の持てるものを探していたのだろう。もし、あなたが恋愛向きなら、将来の結婚に向けて経験値を増やしましょう。

参考:
FF030_L

親の反対

「ウチの親はエリート志向が強くて、できれば私には東大に入ってほしかったんですよね。母はフィリピンに行くこともすごく反対したんです。偏見がすごいんですよ。フィリピンるつぼは汚いし、犯罪の垳渦みたいなところだから、どうせ行くならイギリスみたいなカッコいいところに行けばいいっていう人なんです。帰って写真を見せて話したら、いい経験したわねとは言ってくれて、それまでの学歴だけの価値観から少しは離れてくれたみたいだけど…でも、やっぱり上昇志向が強いから、父はそれほど優秀じゃないし、姉も頭が悪いし、満たされない虚栄心を私で満たそうとしてるみたいで、今の私の仕事先についても、ぜんぜん満足していないんです。私も自分は自分なりにって思うんだけど親と同居してるから、何か言われたりすると揺れちゃうこともあるしね」松本さんは、大手の新聞社などそうそうたる就職先も受けている。何社かの最終面接まではいったが、結局今の会社しか受からなかったから入ったのだという。大手ではないが、だれでも知っている程度の会社ではある。「私、この会社で終わりたくないってのがすごくある。今の仕事がつまらないわけじゃないんだけど、月日がどんどん経っていくのが怖いんです。でも、何がしたいのかわからないんですよね。今そういう人多いみたいで、〃自分探し〃って言われてるけど、まったく私もそうだなと思う。今の時期、会社に入って半年だから、いろんなことのベースになるような時期だって周りの人に言われるんです。でも、ベースっていうと聞こえはいいけど、ベースがために三年なんて言ったら、もう二十六歳になっちゃうじやないですか。そしたらどうしたらいいの?って……。社内見てても、そんなにずっと勤めてる入っていないんです。二十年いて必要不可欠だっていうのは専門職なんですよ」といって、何を捨ててでもがんばれるものが見つかっていないのだ。まず相手がいないと、何もできないので、相手を探してください。

出典:おすすめ 出会いサイト
FF032_L